shutterbug

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

曽木発電所 -ダム湖に沈む遺構-  (鹿児島)

曽木発電所01
RICOH Caplio



ここが「積水化学」「旭化成」「チッソ」という会社の原点らしい・




「簡単にいうと曽木発電所から日窒になり、現在の日本の化学工業をリードする積水化学と旭化成、それからチッソ株式会社を生み出したのである。この曽木が日本の近代化学工業の発祥の地となり、この曽木発電所跡はそのモニュメントとも言うべき遺構」と紹介されている。


曽木発電所03



この遺構に出向いたのは去年の秋口、近くの滝百選「曽木の滝」を大阪の同僚Nさんと見に行ったときのことです。そこのお土産物屋さんでソフトクリームを食べながらボンヤリと案内看板を見ていて見つけました。
なにやら沸々と興味が沸いてきました・・・
ある売店でこの遺構を撮った写真展が偶然!?に開催されていたので拝見したら益々行きたくなり、お店の人に「近いですかぁ~?」と聞くと、「5分よ!」・・・行くしかない(笑)。

この遺構は普段はダム湖に水没している・・・見れたのは運が良かった。
眺めていると歴史を感じるというか、産業の原点としての存在にいろんなドラマがあったんだろうなと感じた。


私は「野口遵」という日窒コンツェルンを築いた方の名前を恥ずかしながら今回初めて知った。

 


曽木発電所02



廃墟や遺構に対して興味を持っている方は少なくないと思う。私もその一人と思う。
しかしここは廃墟ではなく、遺構として立ち寄る価値は絶対にあると思う・・・

 


スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/17(木) 00:15:15|
  2. 建造物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tstk.blog121.fc2.com/tb.php/76-9bfbc2e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。